こたつを置いてもおしゃれな部屋に!参考にしたい4つのポイント

1.こたつ周りをスッキリと

こたつを置く前に、まずは部屋を片付けましょう。いくらおしゃれなこたつを置いても、部屋がごちゃごちゃしていたら台無しです。こたつの周りに置くものは最小限に。また、フローリングの部屋なら床に暖かいラグやカーペットを敷いておきます。敷布団をそのまま敷くよりも、だんぜん暖かさが違いますよ。アルミの断熱シートもおすすめです。

おしゃれなこたつにするには、まず見た目が大事です。大きさや形をよく考えて選びましょう。家族が多い人は長方形の大きめサイズ、1人暮らしの女性なら小さくて丸い形のもの、などいろんな形があります。最近は角丸形のこたつもあるようです。形だけでなく、高さにもこだわって。小さいお子さんがいる家庭なら低めのものがいいですね。

これもこたつ選びの大事なポイントです。白、黒、ブラウン、木目調なら明るめ、暗め…こたつの見た目は天板で決まりますから、材質をよく考えて選びましょう。家にあるこたつの天板だけを買い換えることもできますが、なかなかサイズの合うものが見つからないかも知れません。ホームセンターで木材をカットしてもらって、天板を自作するというアイディアもありますよ。

おしゃれなこたつになるか、ダサイこたつになるかはこたつ布団のセンス次第です。お部屋のイメージに合う素敵なものを選びましょう。掛け布団、敷き布団は家にあるものを使って、上掛けだけを新しく買うという方法もあります。上掛けをかけると掛け布団はほとんど見えなくなりますので、いろいろごまかせますね。敷布団を買わずに、ふわふわのラグを敷くのも暖かそうです。